MENU

γ(ガンマ)gtpが高いって検査結果が出た。。。


「ガンマgtpが高いのって大丈夫?」
「肝臓悪いのかな。。。」
「肝臓がんとかだったら。。。」
「運動して食事制限すれば下がるかな。。。」

 

ガンマgtp高い
r-gtp高い
y-gtp高い

 

これは全部同じです。

 

単純にネットでどう打ち込んだら正しく調べられるのか、迷いませんでしたか?

 

「γ(ガンマ)」を「r」とか「y」だと思われる方は多いようです。

 

ここでは

  • ガンマgtpが高い原因と対処法
  • ガンマgtpが上がりやすい薬
  • ガンマgtpを下げる成分
についてまとめています。

 

ガンマgtpが高いと言っても様々なステージがあります。

 

ご自分の状況を把握した上で

  • 治療を受けるのか?
  • 生活習慣の改善だけで良いのか?

相談しつつ判断してゆく事が大切です。

 

>>日本初〜ガンマgtp値を下げる機能性表示食品

 

ガンマgtpが高い原因(病気)


ガンマgtpの数値は体の自己防衛機能に大きく関係しています。

 

ガンマgtpが高い原因には様々な物がありますが、
正常値には個人差があるという前提で分析してみると乳幼児期と男性にガンマgtpの数値が高い傾向があるので、健康基準として男女別々の数値を基準値として提示している医療機関もあります。

ガンマgtpの正常値

指標は日本独自のものです。
アメリカなどでは正常値も高い傾向にあります。

  • 10〜50(成人男性)
  • 9〜32(成人女性)

※ただし、精密検査などでは上限値が70くらいに設定されています。

 

ガンマgtpの異常値

50〜100

アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝

100〜200

アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎、脂肪肝、胆道疾患

200〜500

アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯、慢性活動性肝炎

500超え

急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯

 

一般的に多いのは脂肪肝です。

 

しかしながら
いづれにも当てはまる状況に肝硬変肝がんが入ることをお忘れなく

 

>>ガンマgtp値を下げる食品成分

 

ガンマgtpの数値が高くなると誘発する病気

ガンマgtpの数値が高くなると誘発する病気のメカニズムは主に肝臓で作られる胆汁が十二指腸に排出され、胆のうに溜まっていきます。

 

この胆汁にはガンマgtpが多量に含まれており、消化液の排出に障害がでるとガンマgtpの数値も高くなるので必然的に肝臓が悪いという事になります。

 

肝臓が悪くなると様々な病気を発症させる事に繋がるので、ガンマgtpの数値は様々な病気を可能性を探るために重要な数値となっているのです。

総胆管結石

様々な病気の一つとして挙げられる総胆管結石とは胆のう内にできた胆石が総胆管に落ちて総胆管内に胆汁の固まった石ができこれが総胆管結石になるのです。
そのため総胆管結石が総胆管内にあると胆汁が肝臓に逆流してくるので、胆汁の濃度が高くなってしまいガンマgtpが高くなるのです。

原発性胆汁性肝硬変

原発性胆汁性肝硬変とは肝臓内にある細かな胆管が壊れるという病気です。
胆管が壊れてしまうと胆汁を十二指腸に正しく運ぶ事ができないため、生産された胆汁の濃度が高くなりガンマgtpが高くなるというメカニズムになっています。

肝癌

肝癌とは肝臓の癌の事を指し癌細胞によって胆管が圧迫されてしまい他の病気と同じく胆汁を正しく運搬排出する事ができないのでますます肝臓に負荷が掛かり臓器全体を圧迫してしまう事にも繋がってしまうのです。

肝膿瘍

肝癌と同じような原因で肝膿瘍とは肝臓が病原体に感染し、機能不全になった上に膿の塊を作ってしまった状態を指し、この状態になると膿の塊が胆管を圧迫してしまうので胆汁の運搬と排出ができなくなってしまいます。

 

以上の様に胆管を圧迫する事で他の臓器へ胆汁が逆流したり、正しく運搬や排出ができなくなるので行き場を失った胆汁が体内に溜まり益々濃度を濃くしてガンマgtpの数値が上昇するという検査結果になってきます。

 

そのため胆管にある膵臓でも障害が起こると他の有病気を誘発させる可能性もあり、膵臓疾患とはこの現象の事を指し膵癌や膵炎等の病気になり胆汁の運搬が正しく行えなくなってしまいます。

 

この様に直接的にしろ間接的にしろ肝臓に負担を掛ける事になってしまう病気の数々は肝細胞が障害を受ける事にも繋がりそれが原因で発症する病気もあります。

アルコール性肝障害

アルコール性肝障害とはアルコールの摂取によってこの肝細胞に障害を受ける事を指し、こうなると胆汁が過剰に生産されてしまいガンマgtpの数値が高くなるという現象になるのです。

肝炎

さらにアルコール以外でも肝臓に障害でる可能性もあり、肝炎もその代表的な病気の一つとして挙げられます。
肝炎とはウイルスが肝機能に障害を与えている状態の事を指し、C型肝炎ウイルスやB型肝炎等の名前で多くの人に知れ渡っています。

 

肝炎が長期化するとさらに病気を悪貨させる事になり、肝硬変とは肝炎が慢性肝炎として症状を長期化させて肝細胞が減ってしまう現象の事を指します。

 

肝細胞が壊れてしまっているので通常の検査では異常を示す事が少なく、CT等の画像検査によってやっと分かる症状になっています。

 

この他にもガンマgtpが上昇してしまう病気は様々な物が存在し、それが隣接した臓器に障害を与えたり一部の臓器が機能不全を起こしたことによる胆汁の濃度増加で数値が高くなってしまいます。

薬物性肝障害

また治療を行うにしても正しい治療方法でないとガンマgtpを益々高くしてしまう可能性も存在し、薬物性肝障害は薬が原因で肝臓に障害が現れてしまい結果的にガンマgtpの数値が増加してしまうという状況になります。

 

 

この様にガンマgtpはアルコール以外にも様々な原因が隠されている可能性もあるので、医師の元で正しい診断や治療を受ける様にしてください。

 

健康診断と精密検査の間には時間があるかと思います。

 

ガンマgtp値がちょっと高い程度であれば、運動や食事だけでも短期間で改善され
精密検査で異常なしになることも少なくありません。

>>ガンマgtpを下げる機能性表示食品

 

ガンマgtpが上がる薬


薬物性肝障害によってγ(ガンマ)gtpが高い状態も増えています。

 

ここではガンマgtpが上がる薬について解説します。

 

gtpが上がる薬には、抗生物質や解熱剤、精神安定剤などがあり、抗不安薬の中にもガンマgtpが上がる薬があります。

ステロイド剤

ステロイド剤の中にもガンマgtpが上がる薬が存在します。

 

ステロイド剤の中でgtpが上がる恐れがあるのは内服タイプのステロイド剤です。

 

ステロイド剤を長期間にわたって服用すると、肝機能障害の副作用が出るためです。
よって、内服タイプのステロイド剤を長期間にわたって服用することは禁止されています。

 

抗生物質

セフェム系抗生物質製剤などが挙げられます。
セフェム系抗生物質製剤は抗菌スペクトルが広いことが特徴で、さまざまな病気の治療のために広く使用されています。

 

個人差はありますが、その他の抗生物質もgtpが上がる場合がありますので、抗生物質を服用してgtpの数値が上がった場合には、違う薬に変更することが必要になります。

 

gtpが上がる解熱剤

アスピリンやスルピリン、ジクロフェナクナトリウムなどの成分が配合されている解熱剤です。
メフェナム酸やインドメタシンを有効成分として含有している解熱剤もgtpが上がることがあります。

 

ただし、これらの成分が配合されている解熱剤を飲んでも、全ての方がgtpが上がるというわけではありません。
もし、これらの成分を配合している解熱剤を飲んでgtpが上がった場合には、他の種類の解熱剤に変えることが必要です。

 

アセトアミノフェンやイブプロフェンを有効成分としている解熱剤は、服用してもgtpが上がることは非常に少ないです。

 

アセトアミノフェンとイブプロフェンは安全性が高い成分ですので、子供用の解熱剤の成分として使用されています。
ただし、安全性が高い解熱剤であっても常用すると副作用が出ることがあるので、解熱剤の常用は厳禁です。

 

精神安定剤

ベンゾジアゼピン系抗不安薬やセロトニン1A部分作動薬などがあります。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は抗不安薬ですが、精神安定剤の範疇に含まれます。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬はうつ病の治療などに使用され、優れた治療効果が得られますが、副作用としてgtpが上がることがあります。

 

セロトニン1A部分作動薬は安全性が高い精神安定剤ですが、強力な治療効果が得られないため、臨床ではあまり使用されていないのが現状です。

 

セロトニン1A部分作動薬は安全性が高く、副作用が出ることは非常に少ないため、服用してもgtpが上がることはほとんどないとされます。

 

抗不安薬

精神安定剤と同様にベンゾジアゼピン系抗不安薬が該当します。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は優れた治療効果が得られる点がメリットですが、常用するとgtpが上がったり、眠気やふらつきなどの副作用が出ることがあるので、医師の指導に従って正しく服用することが大切です。

 

>>日本初〜ガンマgtpを下げる機能性表示食品

 

ガンマgtpはアルコールだけが問題ではない


健康診断や人間ドッグを受診すると体の健康状態を様々な数値で表す事ができるため、より自分の健康状態を把握する事が可能になっています。

 

数ある数値はどれも重要な病気が隠されている可能性のあるデータばかりですが、
その中でも特に重要な数値となっているのがガンマgtpという数値です。

 

このガンマgtpという名前を聞くとアルコールとの関連性が高いと多くの方が認識していますが、厳密にはグルタミルトランスフェラーゼという賢臓や肝臓等に存在している物を指します。

 

ガンマgtpは主に酵素としての働きを体内で行い、グルタチオンの一部を変換したり分解したりする事ができます。

 

そしてそのグルタチオンは有毒な物質を解毒して活性酸素をへらし傷ついた細胞を修復する事ができるので、
必然的に体の自己防衛機能に大きく関係した物質になっています。

 

ガンマgtpが重要視される原因としてこの物質は体内に存在する全ての物質の中で、唯一グルタチオンの調節を行う酵素という認識が強いためです。

 

よってガンマgtpの数値に狂いがでてくると、体の自己防衛機能にも障害が出始めて様々な病気を誘発させる可能性がでてくるのです。

非アルコール性脂肪肝でもγ(ガンマ)gtpが高い


γ(ガンマ)gtpが高い理由に非アルコール性脂肪肝が増加傾向にあります。

 

非アルコール性脂肪肝とは簡単に述べると、
アルコールの多量摂取以外の原因で起きる脂肪肝を指します。

 

原因は

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 高血圧症
  • 急激な体重減少
  • 薬の影響(タモキシフェン、ステロイド、

    アミオダロンなど)

です。

 

一般的な原因としては甘い物を始めとする糖質、つまり炭水化物の過剰摂取が挙げられます。

 

 

普段ビールやお酒を多く飲むと脂肪肝になることは、テレビや雑誌などを通じて多くの人が知ることとなっていますが、近年はあまりお酒を飲まない人や、お酒を飲む習慣が全くない人の中にも脂肪肝になる人が増えています。そこから発症する肝炎をNASH(ナッシュ)と呼びます。

 

全体の脂肪肝のうち、約10%がNASH(ナッシュ)だと言われています。
>>横浜市立大学附属病院の見解

 

具体的な治療法としては薬物ウルソデオキシコール酸が有効とされています。

 

 

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が多量に蓄えられた結果、その量が30%を超えてしまった状態のことです。

 

中性脂肪は、普段アルコールを摂取していない人であっても、食べ過ぎと運動不足が原因でもたまるようになります。

 

中性脂肪は、生命活動のエネルギーとして利用されなかった糖分や脂肪分が肝臓で合成されてできるもので、食べ過ぎると中性脂肪が多くたまっていくようになります。

 

食べ過ぎた場合であっても、十分に運動をすれば中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸となり、活動エネルギーとして再利用されますが、運動不足だと再利用されないまま中性脂肪が残されていきます。このような状態が続いた結果として起こるのが、非アルコール性脂肪肝です。

 

脂肪肝は放置すると、肝臓の機能の低下をまねき、やがて肝硬変や肝がんを引き起こします。
適量の食事と適度な運動を継続して、脂肪肝の予防をすすめていきましょう。

 

>>ガンマgtpを下げる事が実証されている機能性表示食品

 

ガンマgtpが高い時、何をすれば下げる事が可能?

ガンマgtpの数値が高いからと言って、すぐに病気になるというわけではありませんが、異常が見られた場合には医師の指示に従って治療を始めることが大切です。
もちろん100を超える異常値では専門治療が必要ですので自己判断は避けましょう。

 

ここでは健康診断でひっかかり、精密検査までに改善したい方へ向けて
自宅でデキるガンマgtpを下げる方法をご紹介します。

 

とても基本的なことばかりですが、
私自身も精密検査ではオール正常に戻せた方法です。

>>個人的にガンマgtpが下がった食品

 

運動

まず一つ目に運動することが大切です。

 

肝臓の数値が異常となる原因には、不規則な生活リズムや睡眠不足、ストレスなども関係してきます。

 

ガンマgtpの数値が高い場合には、肝臓に脂肪がつきすぎている状態になっていることもあるので、肝臓だけに限らず健康な体をつくるためには、やはり運動することが大切になってくるのです。

 

今まで運動していなかった人が、急に運動を始めるのは大変なことでしょう。
ウオーキングやランニングであれば、思い立ったらすぐに始めることができ、費用もかからないのでおすすめの方法だといえます。

 

競歩あたりのスピード感でのウォーキングがオススメです。

 

運動を続けることでガンマgtpを下げるだけでなく、体全体が健康になるといえるでしょう。

お酒を控える

そして二つ目にはお酒を控えることが大切です。

 

精密検査までは完全に断つのがベストです。
逆にアルコールを断っているのに異常値な場合は、病気の早期発見にもつながります。

 

肝臓のダメージの一番の原因はアルコールの摂取であるといわれています。

 

ガンマgtpの数値が高いとわかった時に、お医者さんに必ず言われることはお酒を控えましょうということです。

 

肝臓に一番悪いものがアルコールであるということは事実なので、全く飲まないということは無理だとは思いますが、せめて量を減らしたり、全く飲まない日を作り肝臓を休める日を作るだけでも違ってくるでしょう。適度にお酒を摂取することは、ストレス解消やコミュニケーションにも必要です。

 

しかし過剰に摂取することは肝臓だけでなく体にも影響を及ぼすでしょう。

食生活の見直し

三つ目の方法としては食生活の見直しが挙げられます。

 

この中でも不規則な時間の食事や、炭水化物や揚げ物ばかりの摂取は、肝臓に大きなダメージを与えます。

 

揚げ物ばかり食べていたり、野菜をまったく食べないという栄養バランスが崩れた食事をしていると、肝臓には大きな影響が出てくるでしょう。

 

個人的な体験としては
食事が美味しい時は注意が必要です。

 

ドンドン食べられますから、気がついたら健康診断で異常値が出ます。

 

ガンマgtpを下げる食べ物

しじみや牡蠣、レバーなどが肝臓に良い食べ物であるといわれています。

 

その中でも肝臓専門の医師でさえもその有効性を認めていて、おすすめの食べ物となっているのがシジミエキスです。

 

シジミエキスには肝臓に良い成分が豊富に含まれています。

 

シジミには肝機能を守るために必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

さらにタウリンも多く含んでいます。タウリンを肝臓に十分に補うことで、アルコールやウイルスなどが肝細胞を破壊することを予防することができ、破壊された肝細胞が修復されるときにも、より丈夫なものにしてくれます。

 

シジミエキスは数多くの種類が販売されていますが、安いものを選んでしまうとそのほとんどが外国産のシジミを使っています。

 

ニュースなどでも話題になっている通り、外国の中には大気汚染がひどく、川が真っ赤に染まっているところもあります。

 

生活排水や工場排水も河川に流れ込んでいるため、そのような土地でとれたシジミを摂取した場合には、肝臓をよくするどころか反対に負担をかけてしまうことにもなりかねません。そのため国内でとれたシジミを使ったものを摂取すると良いでしょう。

ガンマgtpを下げる成分

肝臓に良いとされている成分は様々存在しますが、それぞれの成分にはどんな効果府が期待できるのか考えたことがあるでしょうか。

 

そこで、それぞれ各成分の効果について考えてみましょう。

 

ウコン


ウコンにはクルクミンが含まれており、アルコールや暴飲暴食などの影響で肝臓に増えてしまった活性酸素を除去する働きがあり、肝機能向上させる効果が期待できるとされています。
その他には、脂肪肝を改善するには体の脂肪を落とすのが良いとされており、ウコンによって肝機能が向上することで健康になり、結果的に脂肪肝を改善することにつながることも期待できるとされています。

 

タウリン


胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きが正常に行えるようになることと、肝臓に溜まってしまった中性脂肪を排出する働きがあるために脂肪感の改善にもつながり、結果的に肝機能の働きを向上させることが期待できると言えます。

 

オルニチン


オルニチンの肝機能への効果とは、オルニチンは体内のアンモニアを無害な尿素へと変えるオルニチン回路の役割を担っており、アンモニアが解毒されるということは肝臓の負担を軽減してその働きを向上させることにつながっていきますので、結果的に肝機能の働きを高めるとされています。

 

クルクミン


クルクミンの肝機能への効果とはどんなことなのかというと、ウコンにも含まれているクルクミンには病気や老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があるために、代謝や消化、分解などによって産生されすぎてしまった活性酸素を除去する働きがあることから結果的に肝機能の働きを高めることにつながります。
加えて、胆汁の分泌を促進するために肝臓で代謝された老廃物を短観から腸へと排出する働きをするのでこれにより肝臓がスムーズに働くことができるために肝機能の向上へとつながるとされています。

>>クルクミンを進化させた機能性表示食品

 

サポニン


サポニンの肝機能への効果とは、活性酸素は体内で増えすぎてしまうと中性脂肪やコレステロールなどを酸化させて過酸化脂質へと変化させてしまいこれが動脈硬化などの生活習慣病の原因となるとされています。
サポニンにはこの過酸化脂質の生成を抑制して肝機能の働きを高める作用があるとされています。

 

セサミン


セサミンには病気や老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できるとされています。

 

そのため、肝臓が解毒や代謝など様々な働きによって増えすぎてしまった活性酸素を除去することで肝臓から分泌される胆汁も正常に分泌されるようになり肝臓が働きやすくなることから肝機能の向上が期待できるとされています。

 

アルギニン

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する作用の他に肝臓でアンモニアを代謝するオルニチン回路に関わっており、アンモニアを解毒する作用があるとされています。
有害物質であるアンモニアが無害な尿素へと分解することが肝機能を高めることにつながるとされていますので、アルギニンは結果的に肝機能を高めるのに役立っていると言えるでしょう。

 

 

このように、それぞれ各成分には肝臓に対してそれぞれの作用があり、肝機能を高める効果が期待できるとされています。

ガンマgtpを下げる機能性表示食品

上記で説明した
高いガンマgtp値を下げる成分が含まれる機能性食品があります。

 

日本で唯一
ガンマgtp数値を下げる効果が実証されている食品になります。
食品なので副作用・依存性はありません。
>>この食品の最新情報はこちらでご覧ください

 

 

個人的にも飲んで効果を実感しています。

 


健康診断結果で軽度の異常値


精密検査で19ほど下がりました

 

セラクルミンの特徴


最近は薬事法も厳しく、キチンと実証実験を行わないサプリメントでは効果効能を断言できません。

 

その中でもガンマgtpが高い状態に対して着実な効果を言い切っている点が特徴的です。

 

ガンマgtp値だけなく

  • AST(GOT)値
  • ALT(GPT)値
の低下も実証されています。

 

セラクルミンはネットだけの販売となります。
いつでも解約できる定期コースで値段が50%OFFになります。

 

1回で解約も
電話一本で可能です。

 

セラクルミンのデメリット

効果がしっかりしているので、いつものお酒量で同じ酔い方ができない事があるようです。

 

今晩は酔いたいな。

 

というタイミングは飲まない方が良いですね。

 

 

逆にどうしてもお酒を飲まされてしまう日などにはベストです。

 

【セラクルミン公式キャンペーン】
>>http://curcumin-shop.com/lp/kanzo/

 

<注意>
類似商品に「セラクルミン30」という安価なものがあります。

 

こちらは成分量が6分の1、機能性表示食品の届け出なし、となっていますので
お間違いなく。

<概要>
肝臓は人間の体の臓器の中でも大きな部分であり、代謝や分解、消化など様々な役割を担っていますので負担がかかりやすい部位でもあります。
ガンマgtpは肝臓や腎臓、血液中などに含まれているたんぱく質を分解する酵素のことを表します。この酵素はアルコールや薬剤などが肝細胞を壊したり、胆管が詰まった時などに血液中に現れます。ガンマgtpはアルコールに非常に敏感であり、毎日のようにお酒を飲んでいる人の場合には高い数値が出るでしょう。ガンマgtpを調べ高い数値が出た場合には、肝炎や肝硬変、肝臓がん、肝障害などの肝臓病、心筋梗塞などが疑われます。